【企業情報】株式会社SC鳥取(ガイナーレ鳥取)

ガイナーレ鳥取ロゴ

株式会社SC鳥取はガイナーレ鳥取を運営しています

株式会社SC鳥取はサッカー・J3リーグに所属する「ガイナーレ鳥取」を運営している会社です。チームのマネジメント業務や試合の運営、その他サッカークラブ運営の事業全般を担っていることはもちろんですが、それだけではありません。
株式会社SC鳥取では「スポーツを通したまちづくり、人づくり」を理念に掲げ、人口減少が進む私たちの故郷「鳥取県」を大切にし、発展の可能性を大きくしていくことを目指して、幅広い事業に取り組んでいます。
ここでは、その一部を紹介していきます。

SC鳥取の事業

しばふる

ガイナーレ鳥取がチュウブYAJINスタジアムの施設管理で培った芝生の生産ノウハウをもとに立ち上げた芝生生産事業です。
ホームタウンを舞台に、SC鳥取百年構想のひとつ「地域社会の一員としてお役に立つ」という思いを事業化。

クラブが持つ芝生生産ノウハウと適した地質

鳥取県は全国有数の芝生の生産地です。米子市にあるチュウブYAJINスタジアムは日本で初めて市民の協賛金を財源につくられたサッカー専用スタジアムであり建設からこれまでガイナーレ鳥取のスタッフが芝生の生産、管理、運営を行っています。
またスタジアムのある米子市、境港市が位置する弓ヶ浜半島の地質は砂地で水はけがよく、昭和初期に日本で初めて淡水レンズが確認された有名な場所で、豊富な地下水が確認されています。さらに平らな土地が続いているため、芝生の生産にはとても適している場所といえます。

芝生の生産が地域課題の解決につながる

鳥取県は人口減少が進んでおり、担い手減少による耕作放棄地の増加、また耕作放棄地における雑草繁殖による地域住民のアレルギー発症や景観の悪化が地域の課題となっています。
しかし、私たちは耕作放棄地を芝生畑として活用できると考え、行政・民間企業と話し合いを進めてきました。そして、Shibafull(しばふる)の未来を話していくうちに、課題となっている耕作放棄地は地域の遊休資産であり、生産された芝生を街で有効活用することで地域課題の解決、ホームタウンの価値向上につなげていけると考えました。

地域活動で感じた芝生の力

ガイナーレ鳥取は年間250回、約10,000人の子どもたちと一緒に、身体を使ったさまざまな遊びやサッカーの普及活動、クラブマスコット「ガイナマン」と体操するなど、さまざまな活動を通じて子ども達と触れ合っています。
そしてそこにはいつも芝生の上を裸足のまま全力で走る子どもたち、芝生の上に直接座り見守る親たちにはいつも笑顔がありました。芝生には人を開放する、笑顔にする力があるのです。Shibafull(しばふる)を通して、幼稚園、小学校などの校庭や街の空き地、観光地や公共施設などを芝生化することができれば、人々が集まるきっかけになると信じています。

18年間継続している活動「復活!公園遊び

 

選手やクラブスタッフと身体を使って楽しく遊ぼう!

ガイナーレ鳥取では、選手やスタッフが「ガキ大将のお兄ちゃん」となり、昔懐かしい遊びや身体を使った様々な遊びを通して、子どもたちの心と身体の健やかな成長を目指して活動しています。「いつ来てもいつ帰っても良い」「誰が来ても仲間に入れる」という“公園”の特性を活かした、“準備いらず片づけいらず”がポリシーのお手軽プログラムは、普段の生活でも子どもたちに楽しんでもらえる遊びばかりです。
スポーツの本質は「遊び」です。「公園遊び」を通じて、子どもたちにスポーツの楽しさを知ってもらい、外で遊ぶこと、仲間と楽しく過ごすことの大切さを経験してほしいという思いで今後も活動の輪を広げていきます。

活動のきっかけ

「外で遊べと言われて公園に行っても誰もいない」という子どもたち。「外で遊ばせたいけど、なかなか・・・」という保護者。
「子どもが外で遊ぶのも怖い世の中になった」と報道するメディア。「現代の子どもは身体能力が低下、社会性が欠如」と発表する文部科学省。
地域に飛び出して、自分たちにできること、みんなに喜んでもらえることをしたい。外遊びが少なくなり、遊びを通して人間関係を築くのが苦手な子どもたちに笑顔を。
こんな思いから、2003年に「復活!公園遊び」は始まりました。

夜宴スタジアム

チュウブYAJINスタジアムが日没とともに生まれ変わる!
新型コロナウイルスの影響で以前のように人が集まる・楽しむことが困難になりました。
しかしスタジアムという広大な芝生広場をうまく活用すれば、新生活様式に沿った・密を避けた新しい場づくりができる、そう考えました。
スタジアムに照明設備がありませんが、私たちにはきれいな星空があります。スタジアムからは絶景の大山、島根半島に沈む美しい夕日が見られます。
スタジアムで寝転んでぼーっとする、そんな過ごし方もできます。
そして、本プロジェクトでは夜のスタジアムを楽しむ仕掛けをご用意しました。

おとな、こども、おじいちゃん、おばあちゃん、広大な芝生広場で体を動かしてみませんか? 夕日を見ながらのヨガや芝生広場で鬼ごっこ、アウトドアスポーツをはじめ、新たなスポーツ体験ができるイベントも順次企画していく予定です。

スタジアムから見る夕日、スタジアム周辺の樹木を活用したライトアップ、鳥取県のきれいな星空。ぜひ思い思いの時間をスタジアムでお過ごしください。 試合の開催していないスタジアムは地域の憩いの場に。非日常空間でのまったりとした時間を提供させていただきます。

スタジアムにはこれまでなかったBBQエリアをオープン予定です。不定期ではありますが、家族・友人・恋人・会社仲間など「つながる」をテーマにした様々なイベントを開催予定です。また夜宴スタジアムを使った新たなイベント、企画のご相談も受付いたします。

地域の”プラットフォーム”として進化し続ける

夜宴スタジアム」はこれが完成ではありません。新規需要の開拓と、他の事業者への事業効果の波及も目的の一つで、米子市をはじめとする各自治体や、各業界と連携しながら発展させていくことを目指しています。
サッカーには興味がない方やガイナーレ鳥取をよく知らない方にも、この「夜宴スタジアム」を活用していただくことで、地域の皆様にとってより身近な場所をつくっていきたい。そんな想いで、取り組んでいるプロジェクトです。
「夜宴スタジアム」を使った新たなイベント、企画のご相談は随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せください!

Jリーグシャレン!アウォーズ連続受賞

全国各地に存在するJリーグクラブ(2021年時点で全57クラブ)のホームタウン・社会連携(シャレン!)活動の中から、特に社会に幅広く共有したい活動が表彰される「Jリーグシャレン!アウォーズ」。 2020年から始まったこのアウォーズで、株式会社SC鳥取のエントリーした活動「しばふる(2020)」「復活!公園遊び(2021)」は、全57クラブの中で唯一“2年連続受賞”を果たしました。
株式会社SC鳥取が2年連続で受賞した『メディア賞』とは、このアウォーズで審査員となった有識者が「記者として、自身の媒体に取り上げたいと思う活動」を基準に選ばれるものです。

シャレンとは→ https://www.jleague.jp/sharen/

2020Jリーグシャレン!アウォーズ『メディア賞』受賞

Shibafull(しばふる)

受賞内容:Shibafull(しばふる)
詳しく見るをクリックください
活動報告

2021Jリーグシャレン!アウォーズ『メディア賞』受賞 「復活!公園遊び」

復活!公園遊び

受賞内容:復活!公園遊び
詳しく見るをクリックください.

ガイナーレ鳥取

1989年チーム名称を変更『SC鳥取』に

教員に限らず開かれたチームとなるべく、名称を『SC鳥取』と変更。その名称には「鳥取県を代表して全国相手に戦う」「県内選手の力を合わせて全国に立ち向かう」という理念が受け継がれました。設立当初からの活動拠点だった鳥取県・米子市在住メンバーを中心としつつも、県中部・東部からも好選手が集まり、切磋琢磨をつづけました。

2007年チーム名「ガイナーレ鳥取」へ

Jリーグを目指して「SC鳥取」から「ガイナーレ鳥取」に名称を変更。選手をアマチュアからプロ化。

その後、2010年 リーグへの昇格を決め、2011年 J2リーグへ。2014年 J3リーグに降格しながらも、たくさんの応援をもらい現在も上を目指して戦い続けています。

2021年ガイナーレ鳥取の応援をよろしくお願いします!

関連記事

  1. ヘルスケアアパートメント祇園庵

  2. 八仙閣求人募集

    【求人募集中】中華料理八仙閣

  3. めんふぁん食堂・マックスカフェ求人募集

    【求人募集】めんふぁん食堂・マックスカフェ

  4. 【求人-企業情報】ライブアシスト

  5. 境港貿易振興会

    境港貿易振興会

  6. 【施設情報】障がい児通所支援事業所Mao